RankTrackerの導入手順【登録から有料アップグレードまで簡単設定】

RankTrackerの導入手順【登録から有料アップグレードまで簡単設定】

WEB担当の方

SEO検索順位チェックツールの「RankTracker」を導入する手順が知りたい!

今回は、こんなお悩みにお答えします。

この記事では、以下の内容を説明したいと思います。

本記事の内容
  • RankTrackerの導入手順

現在、私は「企業HPを3つ、自身のサイトを2つ」の、合わせて5つのWEBサイトを運営しており、一番長く携わっているサイトの運営期間が3年ほどになりました(2020年4月現在)。

SEO対策後に検索順位をチェックするツールとして、「RankTracker」が人気ですね。「RankTracker」は、何サイトでもチェックすることができるので、かなり便利です。
※運営している5つのサイトをまとめてチェックできてます。

今回は、「RankTracker」の導入手順を解説していきたいと思います。

RankTrackerの導入手順

RankTrackerを導入する手順は、以下の3ステップあります。

  1. RankTrackerのファイルを公式サイトからダウンロードする
  2. RankTrackerをPCにインストールする
  3. 有料版にアップグレードする(検索順位のログを残すため)
※RackTrackerで、チェックした検索順位のログを保存するには、有料版にする必要があります。

それでは、「RankTrackerのファイルをダウンロードする」ところから、順番に実施していきましょう。

【Step1】RankTrackerのファイルを公式サイトからダウンロードする

RankTrackerのファイルを公式サイトからダウンロードする

まずは、「RankTrackerの公式サイト」で、RankTrackerのファイルをダウンロードします。

RankTrackerの公式サイトに行くと、上図が表示されます。

「名前(ローマ字)」と「メールアドレス」を入力して、右側の「ダウンロードボタン」をクリックすると、下図の画面になり、RankTrackerのファイルが自動でダウンロードされます。

RankTrackerのファイルは自動でダウンロードされる

※自動でダウンロードが始まらない場合は、画面中央の緑の「ダウンロード」ボタンをクリックしましょう。

【Step2】RankTrackerをPCにインストールする

RankTrackerをPCにインストールする

次に、RankTrackerをPCにインストールしていきます。

ダウンロードしたファイル(上図のファイル)をダブルクリックすると、下図のように、RankTrackerをインストールするファイルが出てきます。

RankTrackerのインストーラをダブルクリック

上図の「Rank Tracker Installer」をダブルクリックします。すると、下図のように、「開いてもよろしいですか?」と聞かれます。

Rank Trackerのインストーラを開くをクリック

インターネットからダウンロードしたファイルなので、上図のように確認されますが、開いて大丈夫です。上図の「開く」をクリックしましょう。

(注)Javaがインストールされてなかったり、Javaのバージョンが古いと、上図の「開く」をクリックしたあとに、下図の通知が出ます。下図の通知が出た方は、Javaをダウンロードしましょう。

下図の通知が出なかった方は、以下の赤枠(Javaのダウンロード)はスルーして、その下の「言語選択」に進んでください。

Javaのインストール通知が出た場合
Javaのインストールが必要

Javaがインストールされてなかったり、Javaのバージョンが古いと、上図の通知が出ますので、この通知が出た方は、下記サイトでJavaをダウンロードしましょう。
Javaのダウンロード

次は、「言語選択」をしていきます。

Rank Trackerの言語設定は日本語にする

上図で、日本語を選択すると、下図のように、説明文も日本語になります。

Rank Trackerの言語を日本語にしたら次へをクリックする

上図の「次へ」をクリックします。すると、下図のように、「利用規約」の画面が表示されます。

Rank Trackerの利用規約を承諾する

上図の利用規約を確認したら、「承諾する」をクリックします。すると、下図のように、「インストールするツールを選択する」画面が表示されます。

Rank Tracker以外のツールのチェックは外して、次へをクリックする

上図は、RankTracker以外のツールを一緒にインストールするかどうかの確認ですが、今回はRankTrackerだけをインストールしましょう。

RankTracker以外のチェックを外して、「次へ」をクリックします。インストールが開始するので、完了するまで待ちます。

Rank Trackerのインストール完了

上図の表示が出たら、Rank Trackerのインストール完了です!

「完了」をクリックすると、下図のフォルダが開かれます。

Rank Trackerのアプリケーションフォルダ

Rank Trackerを起動する前に、有料版にアップグレードしましょう。
※RackTrackerで、チェックした検索順位のログを保存するには、有料版にする必要があるためです。

【Step3】有料版にアップグレードする(検索順位のログを残すため)

有料版にアップグレードする

最後に有料版へのアップグレードです。

もう一度、「RankTrackerの公式サイト」にアクセスして、有料版のライセンスを購入します。

上図の画面で、「注文」をクリックします。すると、下図のように、「プランを選択する」画面が表示されます。

Rank Trackerのライセンスを購入する

プランを選択して、「今すぐアップグレード」をクリックします(プランの違いは、上図のページで、下にスクロールしていくと確認できます)。
※私は「Professional」版を利用しており、5つのサイトをまとめてチェックしてますが、今のところ問題なしです。

「今すぐアップグレード」をクリックすると、下図のように、「お支払い」画面が表示されます。

Rank Trackerのライセンスのお支払い画面

上図で、お支払い情報を入力して、「ORDER NOW」をクリックします。

支払いが完了したら、ライセンスキーの情報がメールで届きます。メールの到着は、早くて30分、遅いと数時間かかることもありますので、メールが届くまでしばらくお待ちください。

下図のようなメールが届きます。

Rank Trackerのライセンスキーの到着メール

上図の「Registered by」と「Registration key」の下に記載されている、「登録者名」と「ライセンスキー」をメモしておきましょう。

この後は、Step2でインストールした「Rank Tracker」を起動して、設定していきます。

Rank Trackerを起動する

上図のように、Step2でインストールした「Rank Tracker」を、ダブルクリックして起動します。

このときに、下図のように、「プロジェクトを作成する」画面が表示されることもあります。

プロジェクト作成は一旦キャンセルする

「プロジェクトを作成する」画面が表示された場合は、「キャンセル」をクリックして、プロジェクト作成は一旦中止します。
※「プロジェクトの作成」などの初期設定については、別記事にて紹介していきます。

「キャンセル」をクリックしたら、下図に進みます。

Rank Trackerのヘルプメニューから、情報を登録を選択する

上図のように、Rank Trackerの「ヘルプ」メニューをクリックし、その中にある「情報を登録…」をクリックします。

すると、下図のように、「ライセンスを登録する」画面が表示されます。

Rank Trackerのライセンス情報を入力しOKをクリックして完了

上図で、「登録者」のところにメールで届いた「Registered by」の内容を入力し、「登録キー」のところに「Registration key」の内容を入力します。

2つとも入力したら、「OK」をクリックします。

以上で、有料版へのアップグレードが完了です。お疲れ様でした!

まとめ

SEO検索順位チェックツールの「RankTracker」を導入する手順は、以上で完了です。

この後は、「プロジェクトの作成」をして、「どういうキーワードの検索順位をチェックしていくか」などの初期設定をしていく流れです。

RankTrackerの初期設定については、RankTrackerの初期設定【サイト登録からキーワード設定&スケジュール設定まで】にまとめましたので、ぜひチェックしてみてください!